公立の通信制高校の特徴について

全日制高校と同様、通信制高校も私立と公立に分かれます

全日制高校と同様、通信制高校も私立と公立に分かれます年に十数万円がかかる全日制と比べると、学費は3分の1から10分の1以下通信制高校の場合には、レポートが学習の柱となっている

全日制の高校は私立と公立に分かれますが、実は通信制高校もこの二つに分かれています。
通信制の場合には、公立と私立では基本的な学習内容や、卒業までに必要となる単位数に違いはありません。
大きな違いが出てくるとすれば、すれば学費や設備と言えます。
通信制なんてどこも同じだろうと安易に選ぶのではなく、様々なことを比較したうえで選ぶ必要があります。
本来通信制の高校は、働きながら高卒の資格を取りたいという人のためにつくられた学校でした。
そのため仕事と両立して学ぶことができるようにと、できる限り生徒の負担を減らすような仕組みがなされています。
しかし公立の通信制の場合には、生徒へのサポート体制はそれほど期待することはできません。
そのため自分で自ら勉強したいという学ぶ意欲を維持していくことが大切です。
公立の通信制高校の最大の魅力としては、学費がリーズナブルであることが挙げられます。
卒業までに必要な学費の安さは非常に魅力的と言えるでしょう。
受講料はそれぞれの都道府県の教育委員会が設定することから、地域によって異なりが見られるものの、1単位当たりの学費は175から700円ほどとなっています。
この金額でレポートの添削指導や、スクーリングの面接指導を受けることも可能です。
受講料以外にも、入学金などのような費用が必要となりますが、場合によっては就学支援金制度を活用することも可能です。